読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ことこと煮こんだ何か

どうしようもない日々

ヲタTという名の鎧

今日はヲタクの装いというものについて。


としつつ何度も言っているようにわたしは基本在宅なわけですが、娘。コンや個別、シリイベといった数少ない機会にはヲタTを着ます。ミチシゲイレブン緑Tもあるのですが、着るのはだいたいかのんちゃん15歳の誕生日のバースデーT。かのんちゃんが描いてくれた通り「とっても素敵な笑顔」になれているかは自分ではわかりませんが、まあとにかく気分が上がります。

ヲタTは戦闘服とはよく言ったもので、着ていると「俺はかのんちゃん推しじゃかのんちゃんが好きなんじゃなんか文句あっかオラァ!」みたいな堂々とした気持ちが湧き出てくるのは確かです。かのんちゃんへ向かってサイリウムを振るのもひたすらかのんちゃんを見ているのも全くためらいなくできる。クールハロー前ということで微妙に中堅感が出るのもいいところですね。なんらアレンジしてないですけど。

逆に、少し前にアンジュ単独ホールコン入った時にはTシャツなんか持っていなかったし、直前に買った青タオルを首から下げていたものの心細さが否めなかった。一応2011年からスマを見続けてきてそこそこ中堅のはずなのに、すげーにわかだな…と感じたり。


ヲタTを着ているかどうかこんなに気の持ちようがガラリと変わってしまう。はたから見ればカラフルなTシャツを着ているかどうかだけなのに、不思議なもんです。でもヲタクにとっては、その人の推しメン、応援歴、方向性、色んな情報が見て取れるから、その装備が「強いか弱いか」見て取れる。やっぱり防具であり、戦闘服なんですよね。


ただ問題は「その戦闘服、いつか一瞬で使えなくなるよ!」ってことで。うん、かのんちゃん緑Tどうしようね…バースデーTは奇跡が起きた時のためにとっておくにしても、ほとんど着てないミチシゲイレブンT…。

そして今後娘。現場に行く時の戦闘力も一気に落ちたわけで。とりあえずミチシゲイレブン黒タオルを巻いていって、必死の戦闘力アピールをするとします。